社会福祉活動

エイブル&パートナーズグループでは “住みやすい社会づくり”を目指してCSR活動へ積極的に取り組んでいます。

CSR活動を通じて、社会に貢献しながら、私たち自身の喜びや学びの機会にしていくのと同時に、社会との繋がりを生み出していきたいと考えています。
現在では社会福祉活動、スポーツ支援活動、芸術・文化活動に取り組んでいます。

社会福祉活動

世界中の人たちが住みよい社会づくりのため、「安心できる社会の実現」に貢献しています。

認定NPOファミリーハウス 「ひつじさんのおうち」 エイブル

ファミリーハウス 東京・世田谷 ひつじさんのおうち

小児がんなどの難病と闘う子供を持つ家族が宿泊する部屋の無償提供を行っています。東京都世田谷区にある国立成育医療研究センター近隣にある「ひつじさんのおうち」は、エイブル保証株式会社と共同で4室を提供しており、認定NPOファミリーハウスのボランティアの皆様により運営を行っています。
これに加え、認定NPOファミリーハウスへの寄付も行っています。

日本対がん協会 「ほほえみ基金」 エイブル

世界の子どもにワクチンを

日本対がん協会は、がんに負けない社会をつくるために、検診の推進、患者家族の支援、がん教育の普及に取り組んでいます。女性が入りやすいお店を目指すエイブルでは、乳がんに特化した「ほほえみ基金」への寄付を行い、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える「ピンクリボン活動」を通して、サポートを行っています。

スペシャルオリンピックス日本 A&PCHINTAI

スペシャルオリンピックス日本

知的障害のある人たちの様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を、年間を通じ提供している国際的なスポーツ組織です。
エイブル&パートナーズでは毎年行われている当団体主催のチャリティーランイベントの参加を通して寄付活動を行っているほか、CHINTAIでは国内大会開催時のサポートを行っています。

日本車椅子ソフトボール協会 エイブル

日本車椅子ソフトボール協会

「車椅子に乗りながら軟式野球使用球やソフトボールを用いて行う新しい野球」がコンセプトの車椅子競技スポーツのサポートを行っています。当団体は、障がい者スポーツの普及を通して、障がい者と健常者、老若男女分け隔てなく誰もが一緒に同じフィールドで楽しむ機会を増やし、人の垣根を少しでも取り除ける社会を目指し活動を行っています。

エイブル

CHINTAI

このページの先頭へ戻る