スポーツ支援活動

エイブル&パートナーズグループでは “住みやすい社会づくり”を目指してCSR活動へ積極的に取り組んでいます。

CSR活動を通じて、社会に貢献しながら、私たち自身の喜びや学びの機会にしていくのと同時に、社会との繋がりを生み出していきたいと考えています。
現在では社会福祉活動、スポーツ支援活動、芸術・文化活動に取り組んでいます。

スポーツ支援活動

学生スポーツをはじめ、「健やかなくらしと夢を持ち頑張る人々」を応援しています。

スポーツアドバイザー

sponsorship

スキージャンプ選手 髙梨沙羅 エイブル

スキージャンプ選手 髙梨沙羅

2012年よりスポンサードを行っています。
14歳から女子スキージャンプ選手の日本代表選手として世界で活躍する髙梨沙羅選手は、過去4回のW杯個人総合優勝をはじめ、数々の国内外の大会で優勝台を飾り続けています。2017-2018シーズンでは韓国・平昌五輪にて銅メダルを獲得、2019-2020シーズンではFISワールドカップ男女歴代単独最多の通算57勝(2020-2021シーズンに60勝に更新)、2020-2021シーズンではFISワールドカップ男女歴代単独最多の109回目の表彰台を達成しました。スキージャンプに留まらず、今後のスポーツ界をけん引する存在として期待されています。

‹主な成績›
2012-13シーズン
FISワールドカップ個人総合優勝(初優勝)
2013-14シーズン
ロシア・ソチ五輪出場FISワールドカップ個人総合優勝(2回目)
2014-15シーズン
ノルディックスキー世界選手権男女混合団体3位
2015-16シーズン
FISワールドカップ個人総合優勝(3回目)
2016-17シーズン
ノルディックスキー世界選手権個人3位、混合団体3位
FISワールドカップ個人総合優勝(4回目)
2017-18シーズン
韓国・平昌五輪 銅メダルを獲得 FISワールドカップ男女歴代単独最多通算55勝を記録
2018-19シーズン
FISワールドカップ男女歴代単独最多通算56勝を記録
2019-20シーズン
FISワールドカップ男女歴代単独最多通算57勝を記録
FISワールドカップ通算100回目の表彰台(女子ジャンプ初)
2020-21シーズン
FISワールドカップ男女歴代単独最多通算60勝を記録
FISワールドカップ通算109回目の表彰台(男女歴代単独最多記録)
2021-22 シーズン
中国・北京五輪 女子ノーマルヒル4位、混合団体4位

スノーボードアルペン選手 竹内智香 エイブル

スノーボードアルペン選手 竹内智香

2020年よりスポンサードを行っています。

14歳の時に見た長野オリンピックに衝撃を受け本格的にスノーボード競技を始めた竹内選手は、17歳でワールドカップに初出場すると、以降日本を代表する選手として活動し続け、「世界選手権出場11回」「オリンピック 6大会連続出場」という輝かしい成績をおさめてきました。

競技の傍ら、北海道東川町とタッグを組み、スノーボーダー育成プロジェクト「&tomoka」や同町を世界一健康な町にするプロジェクト、その他の地域でも学校向け出張授業やスノーボード無料レンタル企画を実施したりと様々な活動を行っています。

竹内選手の活躍の場は多岐に渡り、今後も注目の存在です。

‹主な成績›
2001-02シーズン
ソルトレークシティーオリンピック 22位
2005-06シーズン
トリノオリンピック 9位
2008-09シーズン
FIS スノーボード世界選手権 4位
2009-10シーズン
バンクーバーオリンピック 13 位
2012-13シーズン
FIS ワールドカップで初優勝
2013-14シーズン
ソチオリンピック 銀メダル
スノーボード競技日本人女性初となるメダル獲得
2014-15シーズン
FIS スノーボード世界選手権 3位
2017-18シーズン
平昌オリンピック 5位
2020-21シーズン
FIS スノーボード世界選手権 7位
2021-22 シーズン
北京オリンピック 15位
冬季五輪6大会連続出場は日本人女性最多出場記録

プロスノーボーダー 鬼塚雅 エイブル

プロスノーボーダー 鬼塚雅

2021年よりスポンサードしています。

5歳よりスノーボードを始めた鬼塚選手は、16 歳で出場した「 FIS スノーボード世界選手権スロープスタイル」で、大会史上最年少で優勝するという快挙を成し遂げました。以降も日本代表選手として活躍し、これまでワールドカップ総合優勝2回をはじめ、スノーボード最高峰の大会「 Burton U.S.OPEN 」や、トップ選手のみが出場できる大会「 X Games 」などの国際大会で輝かしい成績をおさめております。また、 2018 年には平昌オリンピックに出場し、ビッグエアで8位入賞を果たしました。

今後もスノーボード・スロープスタイル/ビッグエアの中心選手として、世界の舞台で活躍し続けることが期待されます。

‹主な成績›
2014-15 シーズン
FIS スノーボード世界選手権 優勝(スロープスタイル)
2016-17 シーズン
FIS スノーボード世界選手権 3位(スロープスタイル)
2017-18 シーズン
平昌オリンピック 8位入賞(ビッグエア)
FIS ワールドカップ個人総合優勝(フリースタイル パーク&パイプ)
2018-19 シーズン
Burton U.S.OPEN 3位(スロープスタイル)
FIS ワールドカップ個人総合優勝(フリースタイル パーク&パイプ)
2019-20 シーズン
Burton U.S.OPEN 3位(スロープスタイル)
X Games Aspen 優勝(ビッグエア)
X Games Norway 2位(ビッグエア)
2020-21 シーズン
FIS スノーボード世界選手権 3位(ビッグエア)
X Games Aspen 2位(ビッグエア)
2021-22 シーズン
北京オリンピック 11位(ビッグエア)/19位(スロープスタイル)

スキージャンプ選手 茂野美咲(CHINTAI所属選手) CHINTAI

スキージャンプ選手 茂野美咲(CHINTAI所属選手) スキージャンプ選手 茂野美咲(CHINTAI所属選手)

新潟県南魚沼市出身で札幌にある北翔大学を卒業後、居酒屋でアルバイトをしながら選手活動を続けてきた茂野美咲選手を、2013年6月よりCHINTAI所属選手として迎えました。
現在は競技活動と合わせて株式会社CHINTAI北海道支社にて勤務中です。持ち前の明るさと勝ち気な性格で女子ジャンプの中ではいつも中心的な存在で選手たちに厚い信頼を得ています。2022年の北京オリンピック出場に向けて、日々努力を続けています。


選手ページはこちら
試合スケジュール⁄結果はこちら

スキージャンプ選手 小林諭果(CHINTAI所属選手) CHINTAI

スキージャンプ選手 小林諭果(CHINTAI所属選手) スキージャンプ選手 小林諭果(CHINTAI所属選手)

岩手県八幡平市出身で兄弟の背中を追い競技を始め早稲田大学を卒業後、2017年4月よりCHINTAI所属選手として迎えました。
現在は競技活動を合わせて株式会社CHINTAI東京本社にて勤務中です。天真爛漫で優しい性格に周囲はいつも笑顔で溢れています。


プロスキーヤー 井山敬介 エイブル

プロスキーヤー 井山敬介

2017年11月よりスポンサードを行っています。
地元・富良野の雪に戯れて育った井山選手は、アルペンスキーの選手として活躍し、高校時代にナショナルチームに入り、18 歳でワールドカップ出場を果たしました。

2000年から「全日本スキー技術選手権大会」に参戦。毎年着実に順位を上げ、 2007 年に初優勝すると、翌 2008年にも優勝し連覇を達成。 2014 年には三度目の優勝を果たしました。

現在は、技術選での四度目の優勝と、子どもから大人まで、枠にとらわれないスキーの魅力と雪の素晴らしさを伝える「雪育(ゆきいく)」の2本を主軸として活動されています 。

プロテニスプレーヤー ダニエル太郎 (エイブル所属選手) エイブル

ダニエル太郎(プロテニスプレーヤー)

エイブル初の所属選手として、2014年6月より所属契約をしています。
2018年BNPパリバ・オープンでは、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチを破る快挙を成し遂げ、マスターズ1000で初めて3回戦進出を果たしました。
また、同年に開催されたATP250イスタンブールオープン(トルコ)では、日本人男子4人目となるATPツアー優勝を達成しました。
さらに、2022年 全豪オープン(グランドスラム/オーストラリア)では、元世界ランキング1位のアンディ・マレーを破り、グランドスラムで自身初の3回戦進出を決めるなど、今後益々の活躍が期待されています。
ATP自己最高ランキング: 64位(2018年8月27日付)

‹主な戦績(2016年~2022年)›
2022年
全豪オープンテニス 3回戦進出
※元世界ランキング1位のアンディ・マレーに勝利し、グランドスラムで初の3回戦進出
2021年
ATP250 セルビアオープン ベスト4
東京2020日本代表
2020年
バーニーチャレンジャー 優勝
ハンブルグチャレンジャー 優勝
2019年
ATP250  マラケッシュ ベスト8
ATP250  ジュネーブ ベスト8
ATP500  楽天ジャパンオープン ベスト8
2018年
ATP250 ウィンストンオープン ベスト4
ATP250 キッズブルオープン ベスト8
ATP250 スイスオープン ベスト8
ATP250 イスタンブール 優勝
※日本男子4人目のツアー優勝を達成
ATP1000 BNPパリバ・オープン 3回戦
※世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチに勝利し、マスターズ1000で初めて3回戦進出
2017年
ATP250 エストリルオープン ベスト8
コパシティチャレンジャー 優勝
全米オープンテニス 2回戦
2016年
ATP1000 モンテカルロ 2回戦
全仏オープンテニス  2回戦
リオデジャネイロ2016 ベスト16

レーシングドライバー 千代勝正 エイブル

千代勝正(レーシングドライバー)

モータースポーツ界において日本人選手の有望株である、千代勝正選手のスポンサードを行っています。
千代勝正選手は、2015年、冒険・挑戦・貢献を軸に1年間で地球上でもっとも活躍した冒険家、挑戦者、社会貢献を表彰する「ファウストA.G.アワード」で、年間で一番過酷な挑戦をした人に贈られる「ファウスト挑戦者賞」を受賞。過酷な自動車レースにおいて、チャレンジスピリットと向上心をもち、頑張っている人々に夢と希望を与える存在となっています。2020年度は国内最高峰カテゴリーである、「SUPER GT」のGT500クラスに参戦が決定し、今後更なる活躍が期待されるドライバーの一人です。

‹主な成績›
2011年 全日本F3選手権Nクラス
シリーズチャンピオン
2013年 全日本F3選手権Cクラス
シリーズランキング3位
2015年 バサースト12時間参戦
総合優勝 ※日本人初
2015年 ブランパン耐久シリーズ
ドライバーズチャンピオン
2015年 SUPER GT GT300クラス参戦
チームチャンピオン
2016年 SUPER GT GT500クラス参戦
2016年 バサースト12時間参戦
総合2位
2016年 大分県別府市『ONSENツーリズム別府特別観光大使』就任
2017年 SUPER GT GT500クラス参戦
2018年 SUPER GT GT500クラス参戦
2018年 SUPER FORMULA参戦
2019年 IGTCインターコンチネンタルGTチャレンジ
Rd.4 SUZUKA 10 HOURS 6位
2020年 SUPER GT GT500クラス参戦
2021年 SUPER GT GT500クラス参戦
2022年 SUPER GT GT500クラス参戦

レーシングドライバー 清水宏保

エイブル

清水宏保(レーシングドライバー)

エイブルでは、「レーシングドライバー」として活動している清水宏保選手 をスポンサードしています。
清水選手は、スピードスケート選手として活躍し、1994 年のリレハンメルオリンピックから、長野、ソルトレークシティ、トリノと4大会連続でオリンピックに出場、長野オリンピックではスピードスケート選手として初となる金メダルを獲得しました。

スピードスケート選手の現役引退後、かねてより興味を持っていた「レーシングドライバー」に挑戦、 2017 年7月に北海道十勝で開催された Netz Cup Vitz Race でレーシングドライバーとしてデビューしました。

2021年は Rally challenge に参戦します。

‹主な経歴›
1998年 長野オリンピック
500m 金メダル
1000m 銅メダル
2002年 ソルトレークシティオリンピック
500m 銀メダル
2017年 TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Raceに参戦
2018年 日本スケート連盟理事就任
          TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Raceに参戦
2019年 TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2019に参戦
2020年 TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceに参戦
2021年 TOYOTA GAZOO Racing Rally challengeに参戦

アドバイザー 太田雄貴

太田雄貴(アドバイザー)

エイブル&パートナーズグループでは、2018年より太田雄貴氏とアドバイザリー契約を結んでいます。

太田氏は、2008年北京オリンピックから3大会連続でオリンピックに出場し、日本フェンシング史上初となる五輪での銀メダルを獲得した元フェンシング選手です。 2016年に現役を引退し、日本フェンシング協会会長、国際フェンシング連盟副会長を歴任し、現在は国際オリンピック委員会アスリート委員を務めています。 次々と新しい施策を実行し、「攻めの姿勢」でフェンシング界の改革に取り組んだその手腕は、スポーツ界のみならずビジネスの世界でも評価されています。

当グループでは「健やかな暮らしと夢を持ち頑張る人々を応援する」という理念のもと、CSR活動の一環として様々なスポーツを支援しています。これらの取り組みについて、太田氏に協力を仰ぎながら更なる発展に寄与していきます。

‹主な成績›
2008年        北京オリンピック個人銀メダル
2012年        ロンドンオリンピック 団体銀メダル
2015年        フェンシング世界選手権 個人金メダル
2016年        リオデジャネイロオリンピック出場
                国際フェンシング連盟 理事就任
                現役引退
2017年6月    公益社団法人 日本フェンシング協会理事就任
2017年8月    公益社団法人 日本フェンシング協会会長就任(2021年 6月 19日退任)
2018年12月  国際フェンシング連盟 副会長就任(2021年 11月 28日退任)
2021年8月    国際オリンピック委員会 アスリート委員就任

support

全日本スキー連盟 エイブル CHINTAI

全日本スキー連盟

2016年よりスポンサードを行っています。
CHINTAIスキークラブをはじめ、スノーアスリートをサポートしているエイブル&パートナーズグループでは連盟へのスポンサードを通じてスノースポーツ界の普及と活性化に寄与して参ります。

プロバスケットボールチーム 京都ハンナリーズ エイブル CHINTAI

プロバスケットボールチーム 京都ハンナリーズ

プロバスケットボール新リーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」に加盟する京都を本拠地とするチームで、チーム創設の2009年よりパートナー協賛しています。毎年10月よりリーグ戦がスタ-トし、リーグ優勝を目指して熱戦を繰り広げています。

大学スポーツ 東京六大学野球 CHINTAI

大学スポーツ 東京六大学野球

東京大学・立教大学・早稲田大学・慶應義塾大学・明治大学・法政大学の6つの大学で構成された大学野球リーグで、2006年度よりサポートを行っています。毎年、春と秋に明治神宮野球場でリーグ戦が開催されています。90年を超える伝統と歴史があり、また数多くのプロ野球選手の輩出してきたことから野球界のみならず幅広いメディアからも注目を浴びています。

大学スポーツ 首都大学野球 エイブル

大学スポーツ 首都大学野球

首都圏近郊に所在する16大学で構成された大学野球リーグのサポートを行っています。毎年、春と秋に首都圏の球場にてリーグ戦が開催されており、主要五大学リーグの1つとして盛り上がりを見せています。

大学スポーツ 関東学生アメリカンフットボール エイブル CHINTAI

大学スポーツ 関東学生アメリカンフットボール

2016年よりスポンサードしています。
約90の大学が加盟する日本最大級のアメリカンフットボール連盟です。毎年9月~12月に行われるリーグ戦のサポートを行っています。

大学スポーツ 早稲田大学インターナショナルテニスオープン エイブル

大学スポーツ 早稲田大学インターナショナルテニスオープン

毎年3月に早稲田大学で開催されているテニスの国際大会のサポートを行っています。ダニエル太郎選手のスポンサードをきっかけに、若きテニスプレーヤーへの支援活動を積極的に行っています。

トライアスロンレース 九十九里トライアスロン CHINTAI

トライアスロンレース 九十九里トライアスロントライアスロンレース 九十九里トライアスロン

千葉県・九十九里で開催されている日本最大級のトライアスロン大会にボランティアスポンサーとして大会サポートを行っています。毎年9月に実施される本大会は“トライアスロンを楽しむ”をテーマに初心者でも気軽に参加できます。大会翌日にはヨガやバーベキューなどのアクティビティーも用意されており、競技以外の場面でも楽しむことができます。
CHINTAIではグラビアアイドルを起用した「チームCHINTAI」を結成してレースに参戦、初めてトライアスロンへ挑戦する人を応援するプログラム「99Tチャレンジ」参加者へオリジナルウェアを提供し活動のサポートを行いました。

丸山茂樹ジュニアファンデーション エイブル

丸山茂樹ジュニアファンデーション

プロゴルファーの丸山茂樹さんが主催するジュニア育成を目的としたゴルフ大会に協賛しています。年数回全国で行われており、小学生から高校生までのジュニアゴルファー育成のお手伝いをしています。

キャッチボールクラシック エイブル

キャッチボールクラシック

野球の基本であるキャッチボールを競技化した大会のスポンサーを行っています。エイブルでは、親子や友人とのコミュニケーションを促進し、野球文化の普及と継承をする活動に賛同し支援を続けています。

アスリートネットワーク エイブル

アスリートネットワーク

スポーツの価値を向上させ、スポーツで日本を元気にさせることをモットーとしたアスリートによる団体で、アスリートの引退後のキャリア支援、スポーツの正しい情報の発信等を行っています。スポーツ支援活動の一環として、サポートをしています。

エイブル白馬五竜(Hakuba GORYU)長野県白馬村のスノーボード&スキー場 エイブル

エイブル白馬五竜 いいもりゲレンデ

エイブル白馬五竜は、バリエーションが豊富なコースと充実した設備・サービスで、海外からも多くのスキーヤーなどが訪れる日本屈指のスキー場です。スキー場の発展を促進し、スキー人口を増やすと共に、来場者に満足と感動を届けられるように、日本で初めてとなるスキー場のネーミングライツを取得しました。子供から大人まで楽しめる世界に誇れるスキー場となるように、また、1年を通して白馬五竜を起点としたエリア全体が、スキー場だけでなくカルチャーやスポーツ・アクティビティなど、週末の新しいライフスタイルを提案していくエリアとして発展することをサポートします。

エイブル

CHINTAI

このページの先頭へ戻る